2011/11/15.Tue

『動物愛護法改正について』マールと猫まる母からのお願い。

みなさま猫まる母でございます。
平素は猫まるカフェ上野とEast店そして『猫まる日和』を日頃ご愛顧頂きありがとうございます。

さて、マールさんのブログや猫まるカフェは皆様に心の安らぎとなって頂ければと思い
基本的にあまり現実的な人間世界のことには触れず
非日常の猫まるワールドを楽しんで頂いていますが、
でも今日は人間世界の現実にお付き合いいただけませんでしょうか。
でも、それは嫌だなぁと思う方もおられると思います。
それももっともです。だってココは安らぎ処なんですから。

ですのでその方々は大変申し訳ありませんが、以下の文についてはお読みにならず
明日からまた『ねこ猫まるワールド』に戻りますので本日はいつもの猫まる日和はお休みさせてください。


では、お付き合いが可能な皆様へ下記のお願いがございます。
また元来文章を書くということがあまり得意でないため、文章に脈絡がなく
読みづらい点もありますが少々お付き合いくださいませ。
また、今回のお願いは猫まるカフェからのお願いであり、
他の猫カフェさんが全て同じ意見ではないということも御承知くださいませ。


単刀直入に申しますと
現在環境省にて募集をされているパブリックコメントに意見を送っていただきたいのです。
さてどういうことかと申しますと、ブログランキングに参加している『猫カフェブログ村』でも
声が上がってきているのでご承知の方もいらっしゃるとは思いますが、
「動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集(パブリックコメント)について」というものが
環境省より募集されています。
詳細は↓に環境省のリンク先を貼りますのでご覧いただければと思います
『動物取扱業の適正化について(案)』


当店に関係するのは深夜の展示規制についてです。
(※猫カフェを営業するためには動物園やペットショップでペットを販売するのと同じ
展示という許可を都道府県に頂かなくては開業ができません。)

今夏パブリックコメントを環境省が募集されていたので
猫まる母も、コメントを書いてお送りしてみました。
でもその時はそんなに猫カフェについて心配はしておりませんでした。
何故かというと、現在も猫カフェを開業するにあたりいろいろな
決め事がありそれを遵守すれば特に問題は無いはずと思っていたからです。
だって、要は動物達が幸せに暮らせる配慮を怠るなということが決められているので
猫まるカフェはそれを遵守するということをモットーにやってきたからです。


しかし今回のパブリックコメント募集を拝見し明らかに夏の時とは違うのです。
不幸な末路を辿る動物達が沢山いるのも事実なので沢山議論していただいて
何がいいのかどうするべきなのかこの際ですからキチンと決めていただければ嬉しいなと
思っていたのに・・・、
十分な議論もせずに法改正も待たずに
展示の営業を8時から20時にしますよって言っているんです。
しかも犬と猫に限定してです。
そんな馬鹿なって思ってしまいました。


猫は元来夜光性です。
なので8時~20時よりも、10時~22時の方が全然理にかなっている気もしますし、
本当の活動時間を考えると深夜から朝方にかけての方が一番合っています。
でも8時~20時としますというのです。
12時間なら12時間でいいですから一律同じ営業時間にしないで欲しいのです。
上野と錦糸町でも混雑する時間帯は違いますし、東京と東京以外でも違うと思います。


そして猫カフェ以外に展示に該当するところは、
動物園や水族館やペットショップでケージに入り販売されている子達が一番多いかと思います。

でもどうやら動物園や水族館は今回の規制から外されるようです。
夜間営業や宿泊プランのある動物園や水族館もあるから同じなのになぁ~って思ってしまいます。
どうも教育に良いからということらしいのですが・・・
猫カフェは教育によくないのでしょうかねぇ・・・。

もちろん、幼齢期にあるちびっ子達を小さなところに閉じ込めて
1日に何時間も、ましてや売れなければ何ヶ月も人目にさらされ小さなケージの世界で
生きているってことには改善が必要ですしとても不憫すぎます。
なんらかの規制や改正が間違いなく必要です。

余談ですが上野店の初期猫スタッフメンバーも売れ残り組です。
たまたま見つけたマールさんですが、実は売れ残っておりました。
でもあまりに猫まる母の心に響く顔でしたので猫スタッフに迎えようと思ったら、
そのお店には大きくなって売れにくくなってしまった猫だらけで
あまりに不憫で思わずそこで売れ残って
いた全員を購入してしまったということもありました・・・。
(ちなみに、ライン・メイプル・ミルキー・との君・ぶりちゃん・マールさんです)
だってみんなで一斉に僕も私も連れて行ってっていう目で見るのですよ・・・。
だから上野店はオープンして直ぐでも子猫が豆ちゃんしかいなかったのです。

きっと猫カフェの猫は沢山に人と触れ合ってストレスがいっぱいでかわいそうと
思う方も沢山いらっしゃると思います。
環境省のお役人さん達のなかでもそう思ってケシカランといって改正案をだされたの
かもしれません。

でも十分な愛情を込めてお世話をしている当店の猫スタッフを是非見に来て欲しいです。
全くストレスを与えてないかといわれればNOです。
でも
外で自由に生きる猫
家で暮らす猫
猫カフェの猫
それぞれ、幸せな点もあり不幸せな点もあます。
ストレスがない子なんてどこにもいません。

猫まるカフェでは猫スタッフ達の猫生が少しでも幸せになるべく
愛情を注ぎ責任をもって猫スタッフ達と向き合う気持ちで
人間スタッフ全員がお世話をしています。

先程も述べましたが、現在でも決め事はあるのです。
当店はそれを遵守です。でもそれをお役人さんたちが確認しに来たことは
開店する際の1回だけなのです。
定期的な視察や抜き打ち検査や遵守していないお店情報を受けての是正勧告等
まだ改正する前に本来ならやっていなければいけないことをされていないにも関わらず、
遵守しているお店が一緒くたに規制されるのがどうしても悲しいのです。
1日2時間の短縮されど2時間の短縮・・・。困らない訳がないのです。
守らないお店は教育してくださいお役人さん。
頑張っているお店にもさらに精進できるガイドラインをください。
自分達でも頑張って切磋琢磨しますから・・・。


猫カフェは元々台湾で発祥しました。
でもあまりうまく根付いていないようです。
先日台湾のペットに関する仕事をされている方達から視察に伺わせて欲しいと
いう依頼もあったくらいです。
では日本では如何でしょうか、いろいろなパターンの猫カフェが現在あります。
中には、保護を目的としたようなお店もあります。
基本的に、猫カフェはあまり商売として儲かる仕事ではありません。
営利だけが第一目標ならば大きなリスクを抱え参入する方は少ないはずです。
猫が好きがベースにあっての運営なのです。
但し、沢山の猫達や人間スタッフ達を抱え運営するためには
当然大きな責任感を持ち、好きだけではなく経営する感覚もとても重要で
営利と猫の幸せと両極にいる2つをバランスよく舵取りをするのが難しい業種でもあります。
この難しい状況の中でやっと、日本で根付いてきた猫カフェ文化。
その中で、
保護をされ新しいお家へ行ける猫達がいる事実。
お子様が来店されて猫を抱っこをして生き物は温かいと知る事実。
高齢になり残念ながら痴呆が始まってしまったけれど猫を膝に乗せ昔の事を思い出す事実。
障害を持ちうまく人と関われない方が何度も猫達と触合い外の世界に興味を持った事実。

普段私達を癒してくれる以外にも、こんな風に猫カフェには沢山の可能性があります。
まだまだ始まったばかりの日本の猫カフェ文化が衰退するのを一緒に防ぐ協力を
お願いはできませんでしょうか。そして猫に限らず多くの動物達が幸せに少しでも
幸せに長生きしていけるような法律へ改正をお願いしたいのです。

結局はパブリックコメントを送っても無駄なのかもしれません。
でも猫スタッフだけではありません、人間スタッフだって守らなければならない
責任ある立場を考えれば、声をあげなければななりません。


でも一人ではあまりに力が小さすぎます。
みなさまのご理解ご協力が必要です。

決して大きい志や使命感をもって開店した猫まるカフェではありませんが、
OPENする際に主軸に据えた

猫と猫
猫と人
人と人
それを、ネコミュニケーションとして末永く皆さんに親しんで頂く場所としての
役割を引き続き営んでいけるようにご協力をお願いいたします。


そして運営しながら、少しずつ見えてきた、気づいて来た猫カフェにも出来ること。
それをこれからも続けて行きたいと思っています。
(数えてみたら、
里親さんの家の子になった子と猫スタッフになった外猫さん達が25匹を超えました)

では最後に、猫まる母の説明では不足だと思われますので、
下記のブログを参考にしていだたくと改正のあらましが詳しく分かると思います。
『新たなパブリックコメントについて』

『ここがヘンだよ改正案』

上記のブログは、おそらく多分日本で一番多くの猫カフェに脚を運んでいる方です。
解り易くまとめてあるブログですので、是非ご参考にして頂ければと思います。
また上記のブログで猫まる母はパブリックコメントについて知りましたので(お恥ずかしいですが)
問題提起をして頂いた、いなみさんに御礼を申し上げます。
ありがとうございました。


パブリックコメントの意見用紙が必要でしたら猫まるカフェでもお配りしますので
是非お声かけください。また1人で送るのも心配と言われる方も
ご一緒でよろしければまとめて郵送もいたします。
どうぞご協力をお願いいたします。

長くなりましたが、拙すぎる文章を最後までお読み頂きありがとうございました。

またお読み頂き、賛同できないというご意見も有ろうかと思いますし、
それも動物達の事を考えての貴重なご意見だとおもいます。
ご賛同頂ける方、さらにはご協力頂ける方の行動もまた貴重なご意見です。
単に、賛成、反対を議論することを趣旨としてはおりませんので
ご理解をいだけますようお願い申し上げます。


猫まる母
                    猫まる母



マール20111115


にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
にほんブログ村
皆様、上の自分の画像をクリックお願いしますですはい46
スポンサーサイト
★猫まるカフェの毎日だだよ♪ | Comments(16) | Trackback(0)
Comment
猫カフェそのものがなくなるかの如く書いてるけど、要は営業時間が2時間短縮されると売上が減って自分らが困るってことだよね。
大体、動物園や水族館と変わらないのに・・・・ってのは猫カフェ側の都合のいい解釈でしかないと思うけどね。


>>定期的な視察や抜き打ち検査や遵守していないお店情報を受けての是正勧告等
まだ改正する前に本来ならやっていなければいけないことをされていないにも関わらず、遵守しているお店が一緒くたに規制されるのがどうしても悲しいのです。
守らないお店は教育してくださいお役人さん


そもそも猫カフェだけのための改正じゃないんだから、130店舗もある猫カフェに定期的にそれだけの人員時間を割くのは無理。
No title
上のかおるさんとまったく同じ意見です!!
Re: タイトルなし
かおる様

かおる様のようなご意見があるのも重々承知しております。
また『必要な事は言う』これは大事ですので、かおる様のような書き込みも大変ありがたいです。
声をあげて頂きありがとうございました。

猫まる母


> 猫カフェそのものがなくなるかの如く書いてるけど、要は営業時間が2時間短縮されると売上が減って自分らが困るってことだよね。
> 大体、動物園や水族館と変わらないのに・・・・ってのは猫カフェ側の都合のいい解釈でしかないと思うけどね。
>
>
> >>定期的な視察や抜き打ち検査や遵守していないお店情報を受けての是正勧告等
> まだ改正する前に本来ならやっていなければいけないことをされていないにも関わらず、遵守しているお店が一緒くたに規制されるのがどうしても悲しいのです。
> 守らないお店は教育してくださいお役人さん
>
>
> そもそも猫カフェだけのための改正じゃないんだから、130店舗もある猫カフェに定期的にそれだけの人員時間を割くのは無理。
Re: No title
semi様

semi様へも御礼を申し上げます。
意見をいうと言うことは大事なことです。でも勇気もいることです。
書き込みありがとうございました。
ご意見は真摯受け止めます。

猫まる母

> 上のかおるさんとまったく同じ意見です!!
No title
上の人たちに同意します
ほんと、これじゃ猫カフェそのものが禁止になるかのような文章だし途中からは論点がそっち方向にずれてしまっているようで驚きます
ところどころ言っていることもズレていて何だかなーと思わざるを得ません
猫カフェとしては改正に声をあげるのは当然だと思うけど正直、がっかりしました
Re: No title
イチ客様

拙い文章で上手に伝えられず大変不愉快な思いをさせ誠に申し訳ございません。
また最後までお読み頂きご意見頂きありがとうございました。
またご意見がございましたらよろしくお願いいたします。

猫まる母

> 上の人たちに同意します
> ほんと、これじゃ猫カフェそのものが禁止になるかのような文章だし途中からは論点がそっち方向にずれてしまっているようで驚きます
> ところどころ言っていることもズレていて何だかなーと思わざるを得ません
> 猫カフェとしては改正に声をあげるのは当然だと思うけど正直、がっかりしました
No title
私は猫まる母さんを応援します
多くを語るほどの頭は私にはありません
伝えたいのはそれだけです
No title
なんだか消去法的に猫カフェを狙い撃ちにしたような今回の規制に反対します。営業時間を20時までにすることが猫のためになるとも思えません。
ただお上の決めたことに流されるのではなく、主張すべきは主張すべきと思います。

私はズレた文章だとは思いません。理解できました。
No title
全国130店しかないんだから出来ると思います。
1箇所の役所から130店見てまわるわけじゃないんですから。
わたしは動物業を営んでいるわけではないので、詳しいことなどはわかりませんが。
でも、オーナーさまの言いたいことは、動物に詳しくない私でもわかります。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
微力ながら協力します。
No title
猫まるお母さんのブログを読ませていただいて、私には「猫カフェそのものが禁止になる。。。」「営業時間が短縮されて自分たちの売上が減る。。。」という私利私欲に走るような内容の文章にはとても思えませんでした。知らないとはいえ、なぜそういう捉え方をする方がいるのか、大変嘆かわしいです。そして哀しいです。

ねこまるお母さんとお話させていただいたことがございます。猫ちゃんについてお話してくださいましたが、とても愛情に満ちあふれているかたでした。何人かの方がおっしゃるような偏った考えは、一切考えていないように思えましたが。


猫ちゃんに対してとても愛情が深く、心から大事にされている方で、猫ちゃんの習性(夜行性など)にもとても造詣が深い方です。そしてさらに猫と人のきずなを大変大切にしている方だと感じました。


猫ちゃんは夜行性です。それを、夜に八時で消灯してしまったら、猫ちゃんたちはどんなにつまらなくさみしい思いをすることでしょうか。単純なことです。猫ちゃんの夜行性を理解して、大事にしてあげることが大切だと思います。



管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
猫まるカフェさんが猫スタッフさんを大切にしているのは、お店にお邪魔させていただくと分かります。
とりあえずこれだけはここに…。
No title
はじめまして。「とみぃ」と申します。
はじめての書き込みですのに長文で申し訳ございません。

お店に度々お邪魔させていただき、毎日マールさんのブログを見ております。今回の猫まるお母さん発信のブログに小さな声をあげたいと思います。

「猫カフェ」に色々なご意見があるのはわかります。実はこの件でお母さんとお話させていただく機会がございました。むく様と同感でお母さんは猫にはもちろん人にも優しい方です。

私は結婚するまで猫のいない生活はしたことがありませんでした。ですので猫が夜行性であること・猫にも個性があること・それぞれの幸せがあることを少しはわかっているつもりです。

現在「ペット不可」のマンションに住んでいること、実家の猫が天国へ召されたこと、そのことで子どもがショックを受ていました。そこで出会ったのが「猫まるカフェ」でした。

ペットロスに近い私達を救ってくれたのは「猫まるカフェ」の猫スタッフ・お母さん・人間スタッフのみなさんです。個性的な猫スタッフ達が自由に過ごし、猫ちゃんにもお客さんにもゆっくり出来るようルールがあり店内も清潔です。

お母さんや人間スタッフさんたちとお話をさせていただいて毎日こんなにしっかり体調管理していたら実家の歴代の猫たちももっと長生きできたのだろうと思いました。

どの業界でもそうだと思いますが、ほんの一部ルールが守れない人っていませんか?例えば学校、数人の子どもがトラブルを起こしたとします。数人の子どもの指導はせずに全校生徒に禁止させる(実際にはないと願いますが)・・・ということと同じではないでしょうか?

本当に私たちにとってここは「癒し」の場所です!
「猫カフェ」に疑問をもたれる方に私たちのような人間もいるのだと片隅にとどめて下れば幸いです。

猫まるお母さん、パブリックコメントさせていただきますね!

また
No title
かおるさんやsemiさんが、
何をそんなに憤ってらっしゃるのか、
よくわかりません。

猫まる母さんの意見はよく伝わってきましたよ。

イチさんは「これじゃ猫カフェそのものが禁止になるかのような文章だし途中からは論点がそっち方向にずれてしまっているようで驚きます」と言っていますが、どこを読んだらそう思うんでしょうか。
逆に聞いてみたいですね。

営業時間短縮がイタイのは当たり前です。
猫まる母さんは、人間スタッフも猫スタッフも
養っていかなけりゃならないんですから。

それはどこの経営者も同じように悩むと思います。
悩まない経営者のほうがおかしい。

ただこの商いが動物を扱うものなので、
動物にとって良い法改正にしてもらわないと困りますね。
でも猫まるカフェさんの営業方針は、
猫に負担がかからないように
しっかり考えていらっしゃると思っています。

これからも猫の健康第一に考えた営業方針を
貫いて、元気に頑張ってください。

パブコメでの意見、承知しました。

管理者のみに表示